eco-maman エコママン

主婦が気になるコト・モノを消費者目線で分析するブログ

パスタもソースも鍋ひとつで!簡単ワンポットパスタを知ってる?

パスタもソースも鍋ひとつで!簡単ワンポットパスタを知ってる?

桜が咲き始め、卒業・入学の学校行事やら、引越し、送別会・・・。
春休みで子どもが家に居たり、主婦にとってはなにかと忙しい3月。

そんな時期のお昼ごはんは、ちゃちゃっと作れるパスタでお腹も心も満たしましょ、
っていう提案の多い春先のスーパーのチラシ動向。

そんな忙しいママ達の簡便需要に応えようと、店頭には様々なパスタソースが並ぶ。

パスタは春キャベツや菜の花など春野菜との相性が良いし、和でも洋でもいけるので、
「旬を絡めたパスタ提案」というのは、本当〜によく見かけます。

主婦のお昼ごはん事情

主婦のが自分一人だけで食べるお昼ごはんは、簡単に済ませがち。
自宅で仕事している私の場合、晩ごはんの残り物を食べることが多いです。

世の主婦たちはどうされているんだろうか。

「平日のランチは何を食べている?」

「専業主婦」の方に絞ってみると、

「晩ごはんの残り」       ・・・56.6%
「昼ごはんとして料理したもの」 ・・・42.3%
「食パンや菓子パン」      ・・・37.1%

半数以上が「晩ごはんの残り」と回答。
そのほか、4人にひとりは「朝ごはんの残り」、
5人にひとりは「お弁当の残り」と答えており、
専業主婦は、残り物がある時にはそれで済ませるという方が多いようです。

一方で、「昼ごはんとして料理したもの」と回答した方は約4割。
小さなお子さんやご主人など同居のご家族が自宅で昼食を食べる場合、きちんと料理している方が多いようです。

ベルメゾンデッセ 2013年 n=3,829

「晩ごはんの残り」率が高い!うちだけじゃなかった〜。

レンジでチンして温めるだけで手軽だし、冷蔵庫が片付くし、いちいち調理道具出してまで作るまでもない・・・

節約できるところは節約する、等、主婦のお昼ごはんには、そんな涙ぐましい背景があります。





kaojiro

たまにはプチ贅沢でもしないと、精神的にまいっちゃう。



ところで、4割の「お昼ごはん作っている層」。

子どもが家にいる春休みランチは、ここのボリュームが増えてくる訳です。

野菜が摂れて、ちょとは手作り感があって、短時間で作れて、お金かけずにお腹も心も満足するもの。

ここに頭を悩ます主婦は多い。
チャーハン、そうめん、うどん、ラーメン、パスタ・・・etc.

パスタだったら、麺だけ茹でてソースかけて完成!のお手軽パスタがあるじゃない、と思うけれど、
市販のソース使うのは割高で、それだけだと野菜も不足しがち。

ワンポットパスタ

でも、パスタって他のワンディッシュ系のメニューに比べたら、
案外簡単に野菜が摂れるものなんです。

kaojiro

たとえば、こんなパスタなら、すべて解決されるんじゃない?

それは、鍋一つで出来る!ワンポットパスタ。

今、ワンポットパスタというのが流行っているらしいです。
でも私、かなり前からこれ、作ってましたよ。フライパン一つでパスタ。
巷では「ワンポットパスタ」って呼ばれてるんですね。

どんなものかと言うと、鍋またはフライパン一つでソースを作って、パスタを一緒に茹でて作って完成するお手軽料理。
あまりにも簡単&邪道&私の中ではあたりまえ過ぎて、今まで、口外しなかったんですが。ドン引きされたら嫌だし・・・。

これでようやっと「ワンポットパスタ〜?フン、そんなのお手の物よ」って自慢できます。w
たかがこれごとき自慢するほどのものじゃないですが、、ちゃんとシェアします、我流のワンポットパスタ。

カオジロ流ワンポットパスタのつくり方


つくりかた

  1. まずソースを作る。ひき肉と、みじん切りにした野菜を炒める
  2. だいたい火が通ったら、水+ケチャップ または トマト水煮缶 または トマトジュースを投入
  3. 沸騰したらパスタ投入
  4. 最初だけパスタがくっつかないよう面倒を見てあげて、あとは蓋をして待機
  5. 水気が無くなってきたらパスタと具材をおりゃおりゃっとかき混ぜ、水分を飛ばす。完成。

ざっとこんな感じです。簡単。
料理研究家でもなんでもないので、分量は書きませんよ。w
動画を撮ってみたので、何度も作って、感覚をつかんでみてください〜。

お手軽だから作ってみて!カオジロ家のワンポットパスタ


こんな感じで。
ね、簡単そうでしょ?っていうことをお伝えするのが、私の仕事であります。笑

茹で汁も一緒に煮詰めているので、パスタの仕上がりは、割ともっちり

サラッとした歯触りのパスタがお好みの場合には、従来のように麺を別茹でしてくださいね。
春野菜のような、繊細な食感を楽しむものを具として入れるなら、麺は別茹での方がいいかもしれないですね。

・・・って、「春の旬を絡めた楽ちんパスタ提案」のハズなのに、方向性ズレてしまってるじゃん。

それでも。忙しい春はパスタが食べたいんじゃ!と言ってみる。
残ってる春キャベツを刻んで煮込んでもいいよね。

ワンポットパスタがやめられない理由

冷蔵庫の野菜室おかたづけメニューになる。
みじん切りして混ぜて一緒に煮込んじゃえば全然問題ない!(って思うのは私だけか。)

野菜がたっぷり摂れる。
ニガテ野菜克服!これなら子どもが食べてくれる。

何と言っても、洗いものが楽!!
だって「鍋ひとつ」ですもんね。

とにかくもっちりもちもちパスタが好き。
仕上げにパルメザンチーズをたっぷりかけて。とろけるチーズでもOK。

鍋の中で攪拌するので、具と麺がよく絡み子どもが食べやすそう

ちなみにカオジロ家の夫はトマトが苦手、フレンチもイタリアンも好き好んで食べない人。。
なので、夫不在の土曜の家ランチは、ワンポットパスタを作って子どもと食べています♪^^
・・・余談でした。

まとめ

でもまぁ、そんなこんなで、お手軽万能レシピをひとつ知っておくだけで、時間に追われる日々でもちょっとは気が楽になるかもしれません^^

手軽に作れて、お腹も心も満足、ママも子どもも毎日ハッピーに過ごせますように!

詳しいレシピは、こちらのcookpadさんのサイトも参考にしてみてください。

それでは、また〜!

Return Top